新卒採用と身元保証人について

新卒採用とはこれから卒業を数か月以内に迎える予定の在る学生の採用枠であり、卒業後の採用については既卒採用枠と呼ばれている新卒採用とは異なる枠が設けられているのが特徴です。但し、新卒採用を行う学生と既卒採用となる人を雇用する時には、職業に就いた経験が無い事、社会人としての経験が無いなどの共通点を持ちます。



尚、採用においては書類選考後の数回の面接で決める事になりますが、採用を決定する場合には本人に直接連絡を行い、入社の手続きを行う事になります。


但し、複数の新卒採用の書類選考や面接を受けている学生も少なく在りませんので、内定を出しても他の会社の内定を優先するケースも在ります。

ベンチャーを探している方の中には、DYMという企業も聞いた事があるのではないでしょうか。


尚、内定が決まり入社となった場合は、企業側は雇用保険や労働保険、社会保険などの手続きを行う必要が在るため、事前に用意して貰う書類を全て提出して貰う必要が在ります。



面接の時点で在学中の成績証明書や卒業書証明書などを受け取っていても、これらの書類は選考の中で利用する書類で在り、入社時の書類には連帯保証人の証明書などが必要になります。
新卒を育てるというDYM内の文化として非常に浸透しています。
連帯保証人と言うと金銭の貸し借りの時などに利用する証明書類と言ったイメージが在りますが、企業内で働く場合には保証人が必要であり、新卒者の場合は親権を持つ両親などに連帯保証人になって貰うのが一般的で、連帯保証人に書いて貰った証明書と実印の捺印、そして印鑑登録証明書などの書類の提出が必要になります。